カベルネのボディは肉にぴったり!ガリオッポはタレの旨みに調和します。

“グラヴェッロ”ヴァル・ディ・ネート・ロッソ 2015 /1.5L

赤ワイン 樽熟成 受賞歴あり
11,060(税込)
110ポイント還元
数量
商品コード:27400

商品説明

"Gravello" Val di Neto Rosso 2015
 

カラブリアの土着品種ガリオッポと国際品種カベルネ・ソーヴィニョンが絶妙にブレンドされた同社を代表する偉大な赤ワイン。ブレンド後アリエ産バリック(小樽)で熟成。ベリー、ハチミツ、スパイスなどの豊かな香り、力強さとエレガントさを兼ね備えた凝縮感のある味わいです。“グラヴェッロ”はファンタジーネームです。

10月初旬収穫。ソフトプレスし、温度管理可能なステンレスタンクで別々に10~15日間マセラシオン発酵。アッサンブラージュして12ヵ月アリエー産バリックで熟成後、6ヶ月瓶内熟成。

<LIBRANDI>
リブランディ社はカラブリア州ターラント湾南側の岬、イオニア海に面した小さな街チロ・マリーナに位置します。そこは素晴らしい粘土質の土壌と昼夜の寒暖差をもたらすイオニア海とシーラ山地の間という地形に恵まれ、“エノトリア・テルス”(ワインの大地)と称えられたほどブドウ栽培に最適な土地です。
リブランディ家はこの地で4代に渡りブドウを栽培し、「ワインを通じてカラブリア州が持つ豊かな土地、歴史、文化を伝えたい」と土着品種から造られたワインの魅力を伝え続けています。
伝統を大事にしながらも、地ブドウのガリオッポとカベルネ・ソーヴィニョンを組み合わせて偉大なワインを造る、という画期的な試みにより1988年に「グラヴェッロ」を生み出すと、瞬く間に“スーパーカラブリア”として世界的に一躍有名になるなど、新たな挑戦にも余念がありません。2013年には、チロワインの再生へのひたむきな努力と実績が認められ、社長のニコデモ・リブランディ氏がガンベロ・ロッソ誌で「最優秀ブドウ栽培者賞」を受賞し、さらなる躍進への弾みとなりました。
 

 
生産者 リブランディ
Librandi
産地 カラブリア
分類 赤ワイン
内容量 1.5L
アルコール度数 13.5%
ブドウ品種 ガリオッポ、カベルネ・ソーヴィニョン
格付 Val di Neto I.G.T.(I.G.P.)
ボディ フル
飲み口 辛口
天然コルク
おすすめ料理 タレの焼肉、鴨やキジ、仔羊の料理、熟成したチーズ
主な受賞歴 2016年 サクラ・ジャパン・ウイメンズ・ワイン・アワード/ゴールド 2019年版
2016年 ビベンダ/5グラッポリ(イタリア) 2019年版
2016年 ヴィーニ・ディタリア(ガンベロロッソ)/3ビッキエーリ (イタリア) 2019年版
2015年 ビベンダ/5グラッポリ(イタリア) 2018年版
2014年 ビベンダ/4グラッポリ(イタリア) 2017年版
2014年 ヴィーニ・ディタリア(ガンベロロッソ)/3ビッキエーリ (イタリア) 2017年版
2013年 ビベンダ/5グラッポリ(イタリア) 2016年版
2013年 ヴィーニ・ディタリア(ガンベロロッソ)/2ビッキエーリ・ロッシ (イタリア) 2016年版
2012年 ビベンダ/5グラッポリ(イタリア) 2015年版
2012年 ヴィーニ・ディタリア(ガンベロロッソ)/2ビッキエーリ・ロッシ (イタリア) 2015年版
2012年 ヴェロネッリ/3ステッレ、ヴィーノ・エッチェレンテ(イタリア) 2015年版(91/100)
2011年 ビベンダ/4グラッポリ(イタリア) 2014年版
2011年 ヴィーニ・ディタリア(ガンベロロッソ)/2ビッキエーリ・ロッシ (イタリア) 2014年版
2011年 ヴェロネッリ/3ステッレ、ヴィーノ・エッチェレンテ(イタリア) 2014年版(91/100)
2010年 ビベンダ/4グラッポリ(イタリア) 2013年版
2010年 ヴィーニ・ディタリア(ガンベロロッソ)/3ビッキエーリ (イタリア) 2013年版
2009年 ビベンダ/4グラッポリ(イタリア) 2012年版
2009年 ヴィーニ・ディタリア(ガンベロロッソ)/3ビッキエーリ (イタリア) 2012年版
2008年 ビベンダ/4グラッポリ(イタリア) 2011年版
2008年 ヴィーニ・ディタリア(ガンベロロッソ)/2ビッキエーリ・ロッシ (イタリア) 2011年版
原産国 イタリア

<関連商品>
“グラヴェッロ”ヴァル・ディ・ネート・ロッソ/750ml
“グラヴェッロ”ヴァル・ディ・ネート・ロッソ/750ml



 受賞 受賞歴あり はビベンダ(旧ドゥエミラヴィーニ)最高評価5グラッポリ、ガンベロロッソ ヴィーニ・ディタリア最高評価3ビッキエーリのいずれかの受賞歴があるワインに付けています。